2020年3月22日日曜日

アメリカ留学 Day61 時系列

#StayAtHome

外に出ずに8日が経ちました。
スーパーがどうなっているかも知りません。
そろそろ食料を確保しないとまずいですね。

出来る範囲でメリーランド州と研究所の時系列を整理しておきます。

2/28 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第2報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事: カリフォルニアにて初めての市中感染疑い

要請:感染予防に努め、事前の備えを確認

3/3 研究室メールでの新型コロナウイルス対策の配信

教授より

出来事: 九州大学に出張したUMBCファカルティが帰国後自主隔離中

要請:新型コロナウイルスへの対策を要請、具体的には2-3ヶ月分の研究資材を今日中に発注、自分もしくは同居人の体調が悪い場合は研究室にこないように要請。

3/5 ラボ内ミーティング

教授より

出来事: 研究所が閉鎖される場合に備えて緊急連絡先を作成

3/5 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第3報)の配信

在アメリカ合衆国日本大使館より

出来事: メリーランド州にて海外旅行から帰国した3名が陽性

要請:感染予防に努め、パニックに陥らずこれまでどおりの生活を継続、各個対策を検討

3/6 研究室メールでの新型コロナウイルス対策の配信

教授より

出来事:研究所に入所後に手を洗うことを促す掲示物を掲出要請

3/6 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第4報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:日本における入国制限措置

3/7 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第5報)の配信

在アメリカ合衆国日本大使館より

出来事:ワシントンDC(経路不明)、バージニア州にて陽性患者

3/9 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第6報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:管轄三州(ワシントンDC、メリーランド州、バージニア州)における陽性患者の増加

要請:一定期間内に特定の教会を訪れた者に対して14日の自主隔離を要請

3/9 ACS National Meetingの中止

アメリカ化学会より

出来事:アメリカ化学会の春季年会が中止に

3/10 ラボ内ミーティング

教授より

出来事:大学の春休みが早まったことを報告、その後n遠隔授業を示唆。研究所閉鎖時のための入所許可人員を申請するためのリストを作成

3/11 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第7報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:管轄三州における要請患者の増加、ワシントンDCにおいてState of EmargencyおよびPublic Health Emargenvyを宣言

要請:ワシントンDCにおいて1000人以上が集まる不要不急の大規模集会・会議を延期または中止、1000人未満であっても再検討を要請。

3/12 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第8報)の配信

在アメリカ合衆国日本大使館より

出来事:管轄三州における患者の増加、バージニア州が非常事態を宣言

要請:メリーランド州では州内すべての公立学校を休校(3/16-3/27)、250人以上の集会を禁止、基幹職員を除く州政府職員のテレワークを義務化

3/13 研究所の閉鎖


3/13 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第9報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:管轄三州における患者の増加、トランプ大統領が国家非常事態宣言を宣言

3/16 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第10報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:在アメリカ合衆国日本大使館の人員体制の縮小の通知

3/16 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第11報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:管轄三州における患者の増加

要請:メリーランドでは州内すべてのカジノ施設・競馬場を一時閉鎖、州内すべてのバー、レストラン、フィットネスセンター、映画館を閉鎖。50人以上の集会を禁止、電気ガス水道などの未払いによるサービス停止、未払い料金請求の禁止、など。

3/17 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第12報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:管轄三州における患者の増加

要請:メリーランドでは州内すべての車両排気検査プログラムステーションをドライブスルー方式のコロナウイルス検査センターへ転用、州民が不必要な旅行を避け、搭乗客および従業員以外がボルチモアワシントン国際空港へ近づくことを厳に控えるよう要請。州の公共交通機関を減便、医療従事者、警察官の利用を優先など。

3/19 ラボのWebミーティング(第1回)


3/19 新型コロナウイルスに関する注意喚起(第13報)の配信

在アメリカ合衆国日本国大使館より

出来事:管轄三州における患者の増加、米国査証プロセス停止、米国市民の国際渡航の抑制勧告

要請:メリーランドでは10人を超えるあらゆる集会の禁止、ショッピングモール、ボーリング場、ビリヤード上を閉鎖、University system of Marylandに加盟する大学の授業はオンラインのみとするように要請


2020年3月17日火曜日

アメリカ留学 Day57 姿勢

Work From Home (WFH)

研究所が閉鎖したことに伴って家で仕事をする必要が出来ました。
家では実験することが出来ませんし、必然的にコンピューターに向かい合うことになります。

ただでさえ気が散りやすい家という環境において以下にパフォーマンスを引き出すかという課題に向き合うとき、個人的には作業時の姿勢が何よりも大切だと思っています。ここでいう姿勢とは、「仕事に対するお気持ち」ではなく文字通りの「体幹および四肢の配置」のことを示しています。

作業時の正しい姿勢については、キーボードと机に対して垂直に配置したディスプレイを使う場合、机に水平に置かれた紙に対して筆記具を用いて記入するなどする場合では異なりますが今回はコンピューターを用いる場合を考えたいと思います。

軽く調べてみた所、富士通のウェブページ、「肩がこっていませんか?それはパソコンを使う姿勢が原因かも!」に掲載の図が結構わかりやすいと思います。

このページによると、ポイントには以下の8点があります。
  1. 上腕垂直、肘を90度以上にしてキーボードに自然に手が届く。
  2. 腕は机か椅子の肘で支える。
  3. 椅子は37−43 cmで調整できるものを選ぶ。
  4. 椅子の座面と膝の隙間は手指が入る程度のゆとりをもたせる。
  5. 足裏全体が床に接するようにする。つかないときには足台を利用する。
  6. 目からディスプレイまで40cm以上の距離を確保する。
  7. 画面は視線の水平よりも下に設置する(見上げるかたちにしない)。
  8. 机は60-72 cmで調整できるものを選ぶ。
これらの問題は椅子に「座っている」という姿勢に起因して発生するものがいくつか含まれるためその問題は「立つ」ことである程度解決できることからスタンディングディスクも流行っています。

今、私が間借りをしているお家では、有り難いことに最初から机、椅子、ベッド、電気、収納棚が備え付けられていました。

一方、往々にして備え付けの机・椅子というのは作業環境では上記に挙げられているような個人の体型に併せて高さを調整する機能が無いことが多いものです。

体に有っていない机・椅子を使うとどのような姿勢を撮らざるを得ず、問題が生じるのか図を描いてみました。


上段左は私が現在直面している「天板面が椅子に対して高すぎる」という状態です。

この設定において、肩の位置を自然な位置に配置した場合、天板よりも肘の位置が下がってしまいます。すると肘より先の一点を支点として腕全体の重さを支えざるを得ません(問題1)。また、肘の位置が天板より下になることによって前腕に角度がついてしまい、自然な角度でキーボードやマウスを扱うことが出来ません。常に前腕の筋肉の一部を収縮・伸長させて手首を下方向に曲げなければ作業ができなくなっています(問題2)。

上段右は適切な姿勢を示しています。天板面の位置はほんの少ししか変わっていないのですが、理想的な作業姿勢になっているのがわかるかと思います。

下段については、手首の不自然な角度を修正するため机を寄せ(あるいは体を机に寄せ)、肘を机に置いた場合を図示しています。この状態では、肘を挙げる必要があり、必然的に肩が持ち上がることが問題です。絶対に肩が凝ります。

この問題は根本的には机や椅子の高さを調整することが出来なければ解決することは出来ません。

ただしごまかすことなら出来ます。
この姿勢を私はお行儀悪座りと命名します。この姿勢で作業している人をたまーに見かけますが、多分机や椅子が有っていないのだと思います。決して大物ぶってふんぞり返っているわけでは無いと思います。

なぜこの姿勢が楽なのか、解説したいと思います。まずひとつ前の図にて指摘した手首や肩の配置、腕の重さの分散に成功しています。尻をずらして座り、肩の位置を下げると共に肘をに近づけることが出来ています。ただ、この姿勢は腰や背骨に大きな負担をかけていると思います。短い期間その場しのぎのために用いるのは良いですが、やはり体に有った机や椅子を使うべきでしょう。

「「「「だがオレはお行儀悪座りで行く!!!」」」

ではまた。







2020年3月16日月曜日

アメリカ留学 Day56 閉鎖

Good morning and welcome to a different world

3/13の金曜日からUMBCは閉鎖されています。

その前々週あたりから今後2−3ヶ月、研究用の資材供給が絶たれたとしても続けられるようにストック準備をするように連絡があったり、閉鎖時の対応を協議するミーティングが開かれるなどはしていました。冒頭の見出しは教授から研究所の閉鎖について送られてきたメールの冒頭文でした。とうとうきたなという感じです。

入構禁止の前日夜10時に予告メールがあり、次の日の朝からキャンパスポリスに連絡しなければ忘れ物を取りに戻ったり、実験系をストップすることもできなくなるなど急激な状況変化への対応で大変な人もいそうです。僕の場合は毎日ノートパソコンを持ち運んでいるので大丈夫でしたが。

また、UMBCでは実験などで研究室へ入室が必要な人のリストは審査中、19日以降には許可が下りた人から入構できるようになるようです。この対応を見ても他大に比べるとそこまで厳しくはありません。

風の噂によると、ハーバード大では実験は全て中断かつ長期閉鎖だそうで、実験動物なども削減しているそうです。本当に大変ですよ…。

研究所が閉鎖されると必然的に家でできる仕事をしなければいけません。私はどうしても研究室にいた方が集中できます。アメリカだからというわけではなくて日本にいた時もそうだったんですが、家では集中モードに入るまでの時間が相当長くなってしまいます。集中し始めることができれば同じではあるのですが。気持ちの切り替えの問題なんでしょうか。それとも通勤による適度な運動が頭をよく働かさせてくれているんでしょうか。家でもスッと集中モードに入れる方法を知りたいです。

とりあえず作業環境を向上してモチベーションを上げようと思い、キーボードとマウスをAmazonで購入しました。日常生活でも夜7時くらいには帰ってくることが多いので、(先生方はほぼ必ず6時までに帰る)その後の家での時間を使って勉強したり仕事をしたりすることにも役立ちそうなので、家での働き方の最適化というのは大きなテーマになりそうです。

ではまた。